本当に効果のある痩せるお茶を探せ!

HOME » 痩せるお茶の効果分類ガイド » 糖の吸収を抑えるお茶
1位
くびれ茶王
痩せるお茶1位「くびれ茶王」
便秘症の方にも、楽してダイエットしたい方にもおすすめ。「脂肪燃焼」「糖質ブロック」「デトックス」の3つのダイエット効果を発揮します。体に溜まった余分なものを排出してくれる上に、自然と食欲が抑えられるという、究極の痩せるお茶。
2位
飲まなく茶
痩せるお茶2位「飲まなく茶」
脂肪の分解とデトックスの2つの効果でダイエットをサポートする、人気の痩せるお茶。即効性を求めているよりは、時間をかけてリバウンドしにくい体質づくりを目指している方に向いています。
3位
モリモリスリム
痩せるお茶3位「モリモリスリム」
便秘気味でぽっこりお腹が気になる、という人に支持されている便秘解消茶。「飲んだ翌日にお通じがあった」という口コミが多数のデトックス系ダイエットティーです。

糖の吸収を抑えるお茶

糖質抑制や糖質コントロール効果の高い、痩せるお茶成分について紹介しています。

糖質制限ダイエットに最適な痩せるお茶の成分一覧

糖質の吸収を抑える成分が含まれるお茶には、サラシア茶、ギムネマ茶、カモミールなどがあります。また、糖が脂肪になるのを防ぐガルシニア茶なども忘れてはいけません。それぞれの効果や働きについて見ていきましょう。

サラシア

  • 糖の吸収を抑える成分:サラシノール、コタラノール
  • 糖の吸収を抑える主な作用:糖質吸収抑制、腸内環境改善

サラシアの有効成分であるサラシノールやコタラノールは、ショ糖や麦芽糖など二糖類が小腸が吸収できる単糖類に分解されるのを抑え、吸収されにくくします。またサラシアによって小腸に吸収されなかった二糖類やサラシヤ自体も二糖類なので、そのまま大腸に運ばれ、善玉菌の餌となるため腸内環境改善も行われます。

ギムネマ

  • 糖の吸収を抑える成分:ギムネマ酸
  • 糖の吸収を抑える主な作用:糖質吸収抑制

ギムネマは正式にはギムネマ・シルベスタといい、ヒンディー語で「グルマール(砂糖をこわすもの)」と呼ばれています。ギムネマ酸は、小腸から糖分の吸収だけを抑制するので血糖値の上昇を抑えます。

カモミール

  • 糖の吸収を抑える成分:カマメロサイド
  • 糖の吸収を抑える主な作用:糖化を防ぐ

カマメロサイドは、血液中の糖が脂肪などと反応する糖化により生成されるAGEs(最終糖化生成物)の一部の生成を阻害する効能がある痩せるお茶です。

ガルシニア

  • 糖が脂肪になるのを抑える成分:ヒドロキシクエン酸
  • 糖が脂肪になるのを抑える主な作用:脂肪の合成を抑える

ガルシニアの有効成分であるヒドロキシクエン酸は、ブドウ糖を脂肪にする脂肪の合成に関わる酵素のATPクエン酸リアーゼの働きを妨げることで、エネルギーとして利用しやすいグリコーゲンへの変わるよう促し糖が脂肪になるのを抑えます。